「ファクタリングの手数料とは?手数料が安いオススメのファクタリング会社トップ5を紹介!」

企業の資金調達をするには様々な方法がありますが、売掛債権を売却する「ファクタリング」であれば即日の資金調達が可能です。

ファクリングは銀行などからの融資ではないため、負債が増えるということもありません。

ただ、ファクタリングは融資ではないので利息などが発生することはありませんが、ファクタリング会社に支払う「手数料」は必ず発生してしまいます。

ファクリングを実施した際に支払う手数料の金額は、利用したファクリング会社によって異なるため出来れば手数料が低いファクタリング会社を利用したいものです。

そこでこちらでは、ファクリングによる資金調達をした際の「手数料」について詳しく解説していきます。

また、手数料が安いオススメのファクリング会社5社をピックアップしていきます。

ファクリングの手数料の相場とは?

 

まずは、ファクリングの手数料がどのくらいコストが掛かるのかを見ていきましょう。

ファクタリングの手数料の相場はファクタリングの取引形態によって大きく異なり、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」によって相場が異なっています。

2社間ファクタリングの手数料の相場

2社間ファクタリングの手数料の相場は、売掛金に対して10%~30%が相場となっています。

そもそも2社間ファクタリングとは、売掛金先に「売掛債権譲渡通知」をしないファクタリングのことで、売掛債権が発生している取引先にファクタリングの事実を知られることがありません。

2社間ファクタリングはファクタリング会社にとって利用会社が売掛債権を確実に売却してくれるという保証がないため、3社間ファクタリングよりもリスクが高くその分手数料はやや高めとなっています。

3社間ファクタリングの手数料の相場

一方、3社間ファクタリングの手数料の相場は売掛金に対して1%~5%が相場となります。

3社間ファクタリングの場合には、売掛金先の取引先から直接売掛金を送金してもらえるため、2社間ファクタリングよりも手数料のはかなり低くなっています。

ただし、3社間ファクタリングでは売掛金先にファクタリングの同意や売掛債権譲渡通知書を行う必要があるため手間が掛かり、ファクタリングの事実を知られてしまうといったデメリットが発生してしまいます。

ファクリングの手数料の内訳とは?

ファクタリングの手数料は「着手金」「事務手数料」「ファクタリング会社の取分」「登記費用」「印紙代金」などが内訳としてあります。

着手金

弁護士などに依頼する際には、着手金が発生するケースがありますが、ファクタリングを利用する場合の着手金はほとんどが“無料”となっています。

ファクタリング会社にもよりますが、そのほとんどが着手金無料で経営していると言っていいでしょう。

事務手数料

ファクタリングは様々な審査に必要な書類やスタッフとの面談などがあるため、その分の人件費などの事務手数料は利用会社が負担することが一般的です。

事務手数料の相場は「0円~5,000円」といった具合で、事務手数料がファクタリング会社の利益に含まれている場合には名目上は無料となっているファクタリング会社もいくつか見られます。

ただ、最初から事務手数料として徴収しているファクタリング会社の場合には、5,000円程度の事務手数料が発生してしまいます。

ファクタリング会社の取り分

ファクタリング会社の取り分というのは、先ほど紹介した2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでの手数料になります。

2社間ファクタリング…………10%~30%

3社間ファクタリング…………1%~5%

 

ファクタリング会社が利益としての手数料を算出する場合の基準には、「売掛債権の額面」「過去の利用履歴」「売掛金先の信用性」などがポイントになっていきます。

また、この「ファクタリング会社の取り分」というものがファクタリング会社によってかなり幅があるため、手数料をなるべく抑えたいのであれば各ファクタリング会社が掲げている手数料を比較してみることをお勧めします。

登記費用

ファクタリングでの登記費用とは「債権譲渡登記」に掛かる費用のことで、その時の掛かる相場は50,000円~70,000円となっています。

主に2社間ファクタリングではこの債権譲渡登記を行われており、売掛金先に通知しない代わりに売掛債権の所在を明確にする必要があります。

印紙代金

ファクタリング会社と契約を交わす際には契約書を作成しますが、その時には売掛債権の額面にそった収入印紙を契約書に貼付する必要があります。

売掛債権の額面が50,000円未満の場合には非課税になるので収入印紙は必要としませんが、50,000円を超える売掛債権の場合には課税対象になります。

下記に、売掛債権の額面に対しての印紙代金を簡単にまとめてあります。

 

売掛債権の額面 印紙代金

5万円未満 非課税

100万円以下~2千万円以下 200円~4,000円

2千万円以上~1億円以下 6,000円~20,000円

1億円以上~10億円以下 40,000円~150,000円

10億円以上 200,000円

 

手数料が安いファクタリング会社トップ5!

手数料が安いオススメのファクタリング会社を5つ紹介します。

 

1位 「ビジネクスト」

ビジネクストの手数料……2.0%以下(2社間ファクタリング)

「ビジネクスト」はビジネスローンなどでも金利が低いことでも人気の金融機関で、ファクタリングの手数料もとても低い設定となっています。

2社間ファクタリングの上限が2%ととても低くなっているので、売掛金が目減りすることなく利用することが出来ます。

ただし、審査などはやや厳しくなっているので、売掛金先の信用性が高くなければ審査が通らない場合もあります。

 

2位 「ビートレーディング」

 

ビートレーディングの手数料……5%~(2社間ファクタリング)

               2%~(3社間ファクタリング)

ビートレーディングは経営や資金のコンサルティング事業なども手掛けている、実績のある企業でファクタリング事業も積極的に行っています。

ビートレーディングの手数料は業界最安値の相場で、2社間ファクタリングでも5%~となっています。

個人事業主でも利用できるため、小規模事業者の売掛債権の早期現金化にもオススメです。

 

3位 「MEDS JAPAN(メッズジャパン)」

MEDS JAPANの手数料……1%~10%(2社間・3社間ファクタリング)

「MEDS JAPAN(メッズジャパン)」はMEDSグループの中にあるファクタリング事業を主に取り扱っている企業で、グループ全体ではトータルファイナンスサービス事業を展開しています。

MEDS JAPANのファクタリング手数料は1%~10%とかなり低く、他のファクタリング会社の手数料は10%を超えるものが多いです。

最大でも10%の手数料までしか取られることがないため、安心して利用することが出来ます。

 

4位 「トップマネジメント」

トップマネジメントの手数料……3.5%〜12.5%(2社間ファクタリング)

0.5%〜3.5%(3社間ファクタリング)

「トップマネジメント」は企業の経理や財務のコンサルティング事業なども手掛けているファクタリング会社です。

トップマネジメントの3社間ファクタリングの手数料は0.5%〜ととても低く、2社間ファクタリングでも最大でも12.5%と良心的な手数料となっています。

契約実績が4万5,000件以上あるので、実績もあり手数料が低くオススメのファクタリング会社です。

 

5位 「ワダツミ」

ワダツミの手数料……1%~(3社間ファクタリング)

企業間決済支援業務や手形買取業務なども実施している「ワダツミ」は、主に3社間ファクタリングをメインにファクタリング事業を行っています。

ワダツミの手数料は1%~となっているので最大手数料は明確にされていませんが、2004年から創業しているのでおおむね安心して利用することが出来るでしょう。

ファクタリングの手数料の参考サイト

ファクタリングの手数料について詳しく解説しているページがあります。

資金調達に関する総合サイトのようです→資金調達ガイドさん

その中でファクタリングを解説しているページがこちらです。

>>>資金調達ガイドさんのファクタリング解説ページ